自動車

自動車とは、原動機、最近ではモーターなどの動力によって、線路などの軌条では無く、操縦者の意思によって走行できる乗り物の事を云い、発明されてから、200年以上が経つ。
当初は車輪が細く、金属であったり、木製であったり、屋根もなく必要最低限の装置で動いていた。
戦争であったり、農作業、運搬など、目的の為に進化を遂げ、技術力を競い合うようになり、多くの自動車目メーカーが生まれ、レースやパーツなどを付け、ドレスアップを競ったり、本来の目的とは違う楽しみにも目が向けられるようになるまで、産業として発展した。

メーカー競争

自動車は、国の主要な産業として、各国、各メーカーが競っている。
数億円する、所謂スーパーカーが、発売と同時に売り切れになったり、数十万円で売られていた小型車が、十数年したら、100万円を超える値段が付いたり、コレクションとしての価値も根付いた。
登場から、現在に至るまで、化石燃料に頼って来た結果、環境破壊や健康被害のやり玉にあげられように成る事もしばしばである。
此処へ来て、その状況に大きな変化がもたらされようとしている。

エネルギー

ガソリンとモーターによる発電で、バッテリーだけを動力として走行できるシステムが出来たり、大きなバッテリーを搭載して完全にモーターだけで走行出来たり、水素を燃料として内燃機を駆動させ水だけを排出させて走行できるようになったりと、環境と健康に対する、意識は高くなった。